2018年05月16日

野いばら

DSC_1717.JPG

愁いつつ岡に上れば花いばら  蕪村

「野いばら」、「花いばら」は、初夏の季語。手元の歳時記を繰っても秀逸は蕪村の句で、小庭のはずれに咲く野いばらに思いを寄せる。幽かに匂う甘い香りは、ほんのひと呼吸で消えてしまいそうに儚い。
 
posted by vino at 11:39| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

心に頼る

 私の場合、片付けると言っても整理、整頓ではないのです。物が、事が、「待機」の状態にあるようにすることなのです。
 例えば、湯沸かしポットのコンセントは抜きますが、巻き取るのではなく抜いたらそこへストンと置く。つまり「待て」の態勢。読み止しの本に栞を挟んで閉じますが、書棚に戻さずに机の上に・・・積んで置く。これも「待て」の態勢。その他もろもろ。
 これって懶と紙一重と言われそうですが、さにあらず。
「待つ」には、〈頼りにする。期待する〉(広辞苑)ともありますから、心に頼りとする・・・アレ!?
 忄に頼は、懶だ・・・
posted by vino at 10:58| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

デルフィニウム


CIMG0805.JPG

CIMG0804.JPG
 
 この季節、毎年買い求める花がデルフィニウム。青い花がなんとも清々しい。
 今年は、それにピンクの花が加わった。ピンクというか当方の好きな鴇色に近い。
 花が終って結実した茎を切り戻せば、新しい花径に花芽がついて結構長く楽しめる。
posted by vino at 13:07| Comment(0) | 庭には・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

交差する時間 - 窓

ーー遠い道を知っています
  遠い人を知っています
  遠く流れる音楽を知っていますーー

窓の外には雨が降っています
ガラス一枚隔てた安息ーー
窓の外には風も吹いています
無いように見えるものがある
あるものが無いように見えると不安なのです
だからガラスの汚れを適当に残しておきます

そういえばジョルジョ・モランディは
窓を描きませんでしたねーー
埃がたまったガラス窓の桟に
陽光が当たる様子を描いてもよさそうだったのにーー

丸形に磨くので
矩形の窓が楕円形になって見えるのです
汚れはそのまま
ガラス窓の縁取りになって
それはそれでひとつの現わしなのです
そこから覗く光景も現わしなのです

 
posted by vino at 13:15| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

お目見え

DSC_1640.JPG

DSC_1629.JPG

 ここ数年楽しませてもらっているアケビの花が風に泳いでいる下で、去年、友人のK君から貰ったヤマモクレンに一輪、花が咲いた。蕾が膨らみ始めてから何日か風の強い日があって気をもんだけれど、無事花を開き、艶冶な容姿を見せている。まだ、大人の親指ほどの幼木なのだけれど、K君の話では、来年はそれぞれの枝の先にたくさん花が咲くはずだとのこと。また一つ、待つ花の出来たことを嬉しく思う。
Bárbara Padillaの'A Time For Us'〈Un Giorno Per Noi〉をYou Tubeからスピーカーにつないで聴きながら花を眺めている。
posted by vino at 12:15| Comment(0) | 庭には・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

交差する時間 - 種子

西瓜の種子をたねと思はず
米の胚芽をたねと思はず

胡桃の実を割るけふも
たねとは思はず

ただそれとして貪り喰って
厭きない吾の命の種子よ

posted by vino at 14:06| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

大人のためのお話し会

 常陸太田図書館友の会の定期発表会「大人のためのお話し会」があります。
 今年は、第12回目です。
 日時:1月28日(日)p.m.13:30〜
 場所:常陸太田図書館2階集会室
 プログラムは:
 @おかあちゃんが作ったる(長谷川義史 作)
 A安珍と清姫の物語(松谷みよ子 作)
 B雪むすめ(宮城民話の会 編)
 C代り目(古典落語)
 D西郷隆盛は犬好き(磯田道史 作)
 Eじゅげむ(川端誠 作)
 Fクッキーとこだま(会員:原嶋桂子 作)
 G夢十夜 第三夜(夏目漱石 作)
 H白いまる黒いまるそして花まる(vino 作)
 ゲスト朗読
 都々逸坊扇歌の生涯(?失礼)
 ないとうきみこ さん(元茨城放送アナウンサー)
 会員一同、最後の仕上げに懸命です。先日のリハーサルで出されたダメ直しに大汗奮闘中です。
 ご来場お待ちします。
posted by vino at 20:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

今年の年賀状

IMG_20180101_0001.jpg
posted by vino at 10:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

交差する時間 - 一週間

 死の三日前に星を眺め
 死の二日前に星を捕まえ
 死の前の日に星を食べ
 死のその日に星になり
 死の次の日に星になり
 死の二日後に星になり
 死の三日後に星になる
posted by vino at 09:59| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

交差する時間 - 白いまる黒いまる そして花まる2

 東北のある小学校の理科の時間
 テストに出た問題
 
 雪や氷が融けると何になりますか?
 
 先生は採点をしながら
 ミ・ズ、ミ・ズ、ミ〜ズ
 みんな良く出来てる と呟く
 この子は平仮名かぁ
 そろそろ漢字で書いてもらいたいな などと
 やがて 
 ひとりの女子児童の答案を見て
 先生は椅子から跳びあがった
 へえ〜え〜え〜そうですか!!
 先日、水の三つの形態、液体、固体、気体について
 勉強したばかりだ
 
 雪や氷が融けると何になりますか?
 女子児童の答え
 
 春になります

 これだから教師はやめられない
 こんな子どもに出会えるなんて
 教師をしていて良かった

 先生は その子の答案用紙に
 大きな大きな花まるを描いた
 
※先日のおはなし会原稿の追加。前作と連詩のように読むことにした。
この話は、教育界では有名な話らしく、数年前に耳にして甚く感動したのを覚えている。
細部は記憶にないのだけれど、「花まる」をキーワードにひとつの作品にまとめた。
 
posted by vino at 10:33| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

寄す

 市立図書館に本を運んだ。寄贈を申し出たら快く請てくれることになったもの。
『荷風全集』岩波書店 全30巻
『堀田善衛全集』筑摩書房 全16巻
『西場栄光句集』私家版

 すべてを読み終えた訳ではないものの、これからも読めそうにないという諦めもあった。
 知り合いの古書店もないし、保存状態も悪くないので、いっそ図書館にと思い立って相談していたのだ。
 
 書棚にある時はずいぶんな場所を占めていたのに、図書館の小さな台車一台に、ちんまりと納まってしまった。
この体積に、どれだけ多くの、そして大きな「表現」が詰まっているかを思うと不思議な感覚に襲われた。
 「句集」は、当方の叔父の作品集で、私家版ながら立派な装丁でもあるし、一人でも多くの人に目を通してもらえたらとお願いすることにした。
 空いた書棚には忽ちあれやこれやの小物たちが押し寄せ、積ん読の本の整理をする気にもならない。
 なんだか拍子抜けしてしまった。
posted by vino at 12:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

交差する時間 - 白いまる黒いまる そして花まる



ある小学校の 算数の時間
先生が黒板に 大きな丸を描いた
図形を考える時間
「これと同じに 皆さんの紙に丸を描いてください。
出来るだけ 真ん丸に描いてね」
やがて
「みんな描けましたか?」
「は〜ぃ!!」
みんなが手を挙げた 一人を除いて
先生は訝しんで その生徒の手元を見て驚いた
その子は 紙を真っ黒にしている
鉛筆で 一生懸命黒くしている
丸の線だけを 白く残して
だって
先生が丸を描いた黒板は 黒いし
白墨で書いた丸は 白いのだ
どうして
この子だけ違ったろう
他の子は当たり前のように白い紙に鉛筆で 丸を描いただけなのに
先生は立ちどまったまま
前に進めなくなった
この子のこれは これで完結してしまっている
余白がない
取り付く島がない
丸の中に四角を 描かせるはずだった
三角や星の形も 描くはずだった
余白があれば 計算式だって書ける
何より
先生のコメントが書けるはず
だった

しかし 先生は思った
この子の 他の子どもと違う
感性について考えた

この子は どんな闇を見たのだろうか
この子は 夕焼けを見て溜息をつくだろうか
この子は 虹を見て歓声を挙げるだろうか
この子は 人の愛に微笑むだろうか
この子の未来は まぶしく輝いているだろうか

黒く塗られた紙を裏返して
先生は 紙一杯に大きな大きな花まるを描いた

花まるを君にあげよう

※続いて、拙作「花まるを君にあげよう」を朗読する。

 これが、来年一月にある、友の会の定期朗読発表会「大人のためのおはなし会」の原稿です。
標記の詩の、エピソードは先日、NHKのラジオで聞くとはなしに耳に入ったお話しです。
細部は聞き逃してしまったのですが、心に残ったところを敷衍してつくりました。

posted by vino at 12:57| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

アケビの実

DSC_1416.JPG

 終わり初物とはよく言ったもので、今年のアケビの実は、この二つだけ。たくさんの花を付けたので期待していたのだけれど途中で落果してしまい、結局これだけが残った。
 ほんのり紫色に色づき始め、今朝、そのうちの一つが裂果してゼリー状の実が姿を現した。さっそく実を取り出して口に入れる。ほのかな甘味が口に広がる。
 プッ、プッ、プッ・・・、大きな黒い種の飛ばしっこをする。
「あたしの方が飛んだ!ほら、あそこまで・・・」
「負けるものか、フ〜〜ッ、プッ・・・、あれ!?足元に落ちちゃった・・・」
 飛んで落ちたところで、来年、新しい芽が出るだろうか。
posted by vino at 16:55| Comment(0) | 庭には・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

今年もサンザシ

DSC_1413.JPG

 今年は、サンザシの実の色付きが早い。どうしたことか、実の数は去年の半分にも満たない。去年、色付くまで定点観測した枝にも実は付かなかった。少ない分、紅玉の宝石のような希少価値があると言えば聞こえはいいのだけれど。
 実が落ちて冬木になったら、何か適当な寒肥を施したほうがいいのだろうか。買い求めた花木センターの姐さん店員さんに教えてもらわねば・・・。
posted by vino at 16:39| Comment(0) | 庭には・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

ヤマブドウの果実酒

DSC_1408.JPG

 摘み取ったヤマブドウの一部を、ホワイトリカーに漬けて一日。ヤマブドウのエキスで鮮やかな赤紫色になった。一週間ほど寝かせてから味見をしてみようと思っている。
 
posted by vino at 12:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

ヤマブドウ収穫

DSC_1401.JPG

 鉢植えのヤマブドウは、毎朝コーヒーを飲みながら数粒ずつ摘んでいるうちに食べつくしてしまった。ほとんど手付かずだった菜園のヤマブドウは、熟れすぎて落果するものが出始めたので慌てて収穫し手籠一杯に採れた。
 さて、これをどうしたものか、苗を求めた花木センターの姉御肌の店員さんに教えてもらった果実酒漬けを一壜仕込んでみた。「おいしいよ〜〜」と言われたのだけれど、さて・・・
posted by vino at 14:04| Comment(0) | 庭には・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

今年も寄せ植え

DSC_1391.JPG

 当方の秋の寄せ植えには欠かせない「パープルファウンテングラス(イネ科)」。ススキの葉に似ているけれど花穂はネコジャラシを大きくしたようなもの。
 足許に、今年は「サンブリテニア(ゴマノハグサ科)」を添えた。ポットから鉢に移植してまもなく花が落ちてしまいがっかりしていたのだけれど、最近になってまた花が咲き始めた。
 寄せ植えの楽しみは、当初、ぎこちない寄り合い所帯だったものが定着後、茎や葉が伸びて、姿形が鉢に馴染んでくることだ。こちらが予想した通りにはなかなかいかないけれど、それがかえって思わぬ相乗効果となって目を楽しませてくれるのがうれしい。
 辞書を繰っていたら、思わぬ文言に出会った。

 窓前草不除:そうぜんのくさをのぞかず:窓前に生じたる草は、これ天地生々の気を受けたるものにて、人の意志ともと同一なり、故に之を除かずして天地の自然に従ふなり。程氏遺書に見ゆ。(『大字典』)

「物ぐさの言い訳ね」と窓の下で家人が苦々しく言う。
「その、紫苑は抜かないで残してよ、これから良い花が咲くんだから」

 
posted by vino at 11:16| Comment(0) | 庭には・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

今年もイワシャジン

DSC_1389.JPG

 〈 いづこの牕(まど)かしらねども 〉
  薄青色の岩沙参
  
  俯く様の清らげに
  咲き競ふにはあらねども
  
  匂ふが如き調べ打つ
  鐘の音にぞ時を知る

 ※ 〈 〉内、ステファンヌ・マラルメ「薄紗の帳」(上田敏訳)より引用
posted by vino at 19:42| Comment(0) | 庭には・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

彼岸花

1506069289363.jpg

 曼殊沙華とは、梵語で「赤い花」という意とか。
「死人花」、「捨子花」、「幽霊花」、「狐花」などおどろおどろしい別名で呼ばれることもあるけれど、秋を彩る花であることに変わりはない。
 夕明りにはまだ早い時間、傾き始めた西日を花越しに透かし見るのも一興。
posted by vino at 10:29| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

「動詞が消える」

 先日の朝日川柳(朝日新聞朝刊)に、
 だんだんと動詞が消える日記帳(東京都 鈴木了一氏)
とあった。
 吾日記帳を顧みるに、思い当たる節があって膝を打った。
 動詞の向こうには行動があり行為があり、輾転と開けて行く筋道が見えるけれど、動詞の少ない日記帳には、おのずから身辺雑記への感傷が増える。それも体言止めの記述となり、われながら味も素っ気もないと嘆息が洩れる。
 出不精とは何とも禍々しい物言いで逼塞を自己正当化するようで気が引けるからあまり言わないでいる。
 井坂洋子さんの『詩はあなたの隣にいる』(筑摩書房)を読んでいて面白い記述を見つけたので、孫引きになるけれど引用させていただく。

---先日読んだばかりの『こども論の遠近法』(影書房)という鼎談の本で、芹沢俊介が話していたことが思いだされた。
「人間はどのように日常を過ごしているのか、人間関係のなかでどのようにふるまうのかといった人間の日常性をシンプルに見ていくと、“何かしている自分”と何もしないで“ただそこにいることで成り立っている自分”があるという単純な事実が見えてきます。これを“する自分”と“ある自分”と表していますが、これはウィニコットという小児科医で児童精神科医の考え方から得ています。」
 芹沢は、社会は「ある(being)」より、「する・できる(doing)」を優先させるけれど、「ある」という存在感覚の養いこそが最優先で、「する」は「ある」がしっかり作られれば、おのずから個性に応じたdoingを展開できる、というウィニコットの考えを、共感をこめて語っていた。---

『子ども論〜』に当っていないので確かなことは言えないのだけれど、成長期の子供に対する考察(だと想像される)が、「する・できる(doing)」がめっきり少なくなった、川柳氏の言を借りれば「動詞が消える」日記帳を記す日々にも及んでくるようで、慌てて「終日読書する」と、動詞を書き加えたことでした。

posted by vino at 17:56| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする