2014年01月29日

啄木鳥か?

 最近、話し言葉で気になるのは、文章でいう句読点で切れるときに、その語尾が高く強く発語されることだ。老若男女を問わずに共通していて、中には、他人(ひと)にものを訊ねるのでもないのに、一々疑問符を付けたくなるほど高調子に話すひとがいる。自問自答どころか自問自問で話しが続くから納まりが悪く、聞いているこちらが思わずたたらを踏むようで落ちつかない。
 ふと思ったのだけれど、この現象は、パソコンで文章を打ち込むときに、「変換」で正誤を確かめその都度「ENTER」キーを叩く行為につながっているのではないのだろうか。大した内容のある話しでもないのに、一々念押しをされるように押し付けがましく、耳障りこのうえない。当方はこれをひそかに、「啄木鳥症候群」と呼んでいる。
 テレビのインタビューなどで、子どもとのやり取りを聞いていると、
「面白かった?」
「面白かった」で終わってしまう。インタビューする側、答える側とも、言葉も思いも貧しすぎて取り付く島がないようでなんともさびしい。
 幼稚園や小学校で見られる、「おはようございます」も「いただきます」も「せんせいさようなら、みなさんさようなら」も、横一列にならんだ一斉指導に終始していて、これで良いのだろうかといつも思う。
posted by vino at 17:32| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

民謡みたいなもの

 今朝の「天声人語」を読んで、詩人 吉野弘さんが亡くなったことを知った。
 当ブログの「検索ワード」で、最近になって、「祝婚歌」の数が急に増えたのを不思議に思っていた。こんな形でその理由を知ることになるとは残念でならない。淋しい限りだ。
 それにしても、なんと根強い人気なのだろうか。他の文言が見えないときでも、毎日のように、「祝婚歌」を検索される方がいる。しかし、当ブログは谷川俊太郎編のアンソロジーから引用させていただいたせいか、「祝婚歌 谷川俊太郎」と、対で検索されることが多い。この詩が、まるで谷川俊太郎の作であるかのように。
「天声人語」氏がいうとおり、「その名前よりも、その詩の方が知られていた人といえば失礼になろうか。」
 あちらこちらで引用され愛誦されるについては、著作権等が関わることもあるけれど、「これは、ぼくの民謡みたいなものだから、この詩に限ってどうぞなんのご心配もなく」という言葉が披露されてもいる。(「祝婚歌」 茨木のり子 童話社)
 当方の好きな詩を引用さていただいて、哀悼の真心としたい。ご冥福を祈ります。

 過

日々を過ごす
日々を過(あやま)つ
二つは
一つことか
生きることは
そのまま過ちであるかもしれない日々
「いかが、お過ごしですか」と
はがきの初めに書いて
落ちつかない気分になる
「あなたはどんな過ちをしていますか」と
問い合わせでもするようで-----




posted by vino at 12:13| Comment(2) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

気懐(きなつかし)の気分

IMG_0918.JPG

 ピンクでなく橙色でもない。その中間の色で、幼い頃に、母が手縫いの和服地の色目で教えてくれたのが鴇色。あの絶滅種の鴇の羽根の色という。
 セピア色も好きな色だけれど、もっと温かく、奥深く、どこかに艶な雰囲気を宿している鴇色。布地であれ器物であれ、その色を目にすると、鼻の奥がむず痒くなるような郷愁を覚える。
 雑貨店のガラスの器が並んだ棚に埃をかぶっていた。両側面対角に筋が見えるから、型押しの稚拙な造りだけれど、小腰をかがめたように歪んだその姿が面白く、手にした。
 店内の照明にかざすと、とろけるような甘酸っぱい匂いが漂った。
posted by vino at 10:34| Comment(0) | もの・がたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

危うし!!

IMG_0892.JPG

 ストーブ用の薪ごしらえは、まず長さを揃える。長いか短いかなど、燃やしてしまうものにそこまで拘るか、と言われそうだけれど、それをしも、美学と言うのです。
 桜の木は、朽ちるのが早い。切る前に枯れていたものは、ほやほやと燻ぶるようにしか燃えず、火力が弱い。多少水分が残っている位のものの方が、木精が勢いよく噴出し炎は青味がかって燃え温度も高くなる。
 桜の丸太の長さを揃えるために半分に鋸引きしたら、キクイムシの幼虫が頭を出したり引っ込めたり。巣穴の上部ぎりぎりのところに鋸を入れたらしい。幸い、怪我(?)もないようなので、「ごめん、ごめん」と謝りながら胴切りしたばかりの丸太をくっつけてテープ止めにし、軒下に置くことにした。
 図鑑で調べてみると、ゴマダラカミキリムシの幼虫のようなのだけれど、幼虫、成虫とも生木を食害する、とあるから疑問が残る。
 カミキリムシの一族は、木喰い虫、樹木の害虫として嫌われ者の代表だけれど、「子ども」に罪はなかろう。
 食べ尽すには十分過ぎる桜の丸太だから、時期になれば成虫となって出てくるに違いない。
posted by vino at 17:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

あけましておめでとうございます

 去年今年一酌に足る如きもの

(去年今年貫く棒の如きもの 虚子)

 新しい年が、皆さまにとって幸多い一年でありますように祈ります
posted by vino at 11:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする