2014年12月25日

今日の一行の六十六

「勝つ度に試合に出るのが怖くなる」

※ 全日本女子レスリング選手権 48`級優勝者 登坂(とうさか)絵莉(至学館大)さんの言。
(12月23日 読売新聞朝刊より)
posted by vino at 16:25| Comment(0) | 今日の一行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

交差する時間 - 木漏れ陽の戯れに

木の下闇に 木漏れ陽の一点の光りの
何という優しさ
ちろちろと 踊りながら
わたしの心を
わたしの胸を 照らす

そうしておまえは
わたしの心に
いろんな いろんな 想いを廻らす
淋しさや 憧れやの
定かならぬ・・・

淋しさや 憧れや 何という優しさ
虚しいままに
わたしの心を
わたしの胸を
木漏れ陽の一点の光りが照らす

※そして、こんな詩があります。大好きなのです。

燈台の光を見つつ  伊東靜雄

くらい海の上に 燈台の緑のひかりの
何といふやさしさ
明滅しつつ 廻転しつつ
おれの夜(よ)を
ひと夜 彷徨(さまよ)ふ

さうしておまへは
おれの夜に
いろんな いろんな 意味をあたへる
嘆きや ねがひや の
いひ知れぬ---

あゝ嘆きや ねがひや 何といふやさしさ
なにもないのに
おれの夜を
ひと夜
燈台の緑のひかりが 彷徨ふ
posted by vino at 14:43| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする