2015年10月18日

秋の花々

CIMG0237.JPG
 
 秋の七草のうち、葛を除いた6種類の花が小庭にある。もちろんススキは自然にはびこったものだけれど。掉尾を飾って咲いているのがフジバカマ。どんな花?と問われても、説明が難しいどちらかと言えば地味目の花。

CIMG0235.JPG

 3日ほど前に咲きだしたリンドウ。緑のコケ庭に一際しみる秋の色。

CIMG0229.JPG

 梅の花に似ているというのでその名も、ウメバチソウ。毎年のように小鉢で買い求めるけれど、なかなか我が小庭には根付いてくれない山野草。
posted by vino at 09:33| Comment(0) | 庭には・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

木の下止み

  茶室いま下闇雫軒しづく 山口青邨

「木(こ)の下闇」は、夏の季語で三夏。夏木立の鬱蒼と茂って昼なお暗いさまを言う、とものの本にある。万葉の昔から好まれて詠われ、多くの歌に残る、とも。
「木(き)の下止み」とは言わないのだろうか。傘をさして樹の下に通りかかると、雨の音がパタリと止んで一瞬の静寂が訪れる。やがて葉末から落ちた雫が傘を叩く。
 掲句は、そんな情景を連想させて味わい深い一句。
 落ち葉の季節も近い。
posted by vino at 17:21| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

今日の一行の六十九

CIMG0220.JPG

 青い空 柿の実一果 収斂す
posted by vino at 17:43| Comment(0) | 今日の一行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする