2016年01月28日

汁椀

  お供えの汁椀温し冬座敷
 
 松飾が取れるのを待つように、母が旅立った。数え九十九歳だった。
 母は、大正、昭和、平成と一世紀に近い生涯だったから、山あり谷あり、波乱に満ちた人生に違いなかった。何といっても忘れられないのは、先の戦争で、戦火に追われるように東京から取るものもとりあえず疎開を余儀なくされ、ゼロからの出発どころか、何もかも失ったという喪失感もあって、マイマスからの再出発を強いられたことだったろう。幸い母は兄弟姉妹に恵まれ、8人兄弟姉妹の下から2番目だったから、何くれとなく声を掛けて助けてもらったと、終生感謝の気持ちを忘れたことはなかった。
 母は、自分の口を細くしても、我々子供たちの心配をする人だったし、いつもにこやかに明るい家庭を守ってくれた。
 母は、94歳ころまで鍬をもって畑を耕し、家庭菜園で四季折々の野菜を育てるのを何より楽しんでいた。
五人の子どもとそれぞれの連れ合い、11人の孫と8人のひ孫に囲まれて、穏やかな晩年だったと思う。
 
 寒い日が続く。せめて温かいものをと、霊供養膳には熱々の汁椀を供える。
posted by vino at 19:56| Comment(4) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

おはなし会

 朗読の勉強会、常陸太田図書館友の会の発表会があります。
 
 第10回「大人のためのおはなし会」
 とき:1月24日(日) 午後1時30分
 ところ:常陸太田市立図書館 2階集会室

 朗読グループ 図書館友の会のメンバーによる、おはなし会です。
 物語から、昔話、民話、詩、メンバー自作のエッセイまで、さまざまなお話しを用意してお待ちしております。
 ぜひ、お気軽にお越しください。
 
 ゲスト朗読:ないとう きみこ さん(元茨城放送アナウンサー)

 当方は、以前当ブログにアップした、「風の盆異聞ー駅はずーっと坂の下」をアレンジして朗読します。
posted by vino at 11:01| Comment(2) | 掌編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

ソシンロウバイ

CIMG0283.JPG

  蠟梅を透けし日射しの行方なし  後藤比奈夫

 今朝、小庭のソシンロウバイがやっと一輪、花を開いた。蠟を引いたように半透明の花弁が美しい。 
 散歩道の途中の日当たりのよい傾斜地のものは、旧年のうちに満開に近いまでに咲きそろっていたので、こちらも一日待ちに待っていただけに嬉しさも一入。
 気づいたら、毎年開花を待って花の様子をアップしているけれど、その思いはいつも新しい。

 
posted by vino at 11:09| Comment(0) | 庭には・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

年賀状

IMG_20160101_0001.jpg
posted by vino at 11:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする