2016年05月31日

実もある

DSC_0279.JPG

 蕊がハラハラと落ちた後に、小さく膨らんだ子房の粒々。ヤマブドウの赤ちゃんたちだ。大まかに摘花をしたつもりだけれど、まだまだ思い切りが足りないかもしれない。

DSC_0280.JPG

 サンザシの実もだいぶ膨らんできた。早く色づいた実をみたいと気が急くけれど、やはり夏を過ぎないと・・・

DSC_0282.JPG

 親木に病気が入ったせいか、ほとんどが落果してしまい、現在二つだけになってしまったサンシュユの実。薬剤を吹き付けているけれど、一向に回復しない。ただ、瑞々しい新芽が元気そうなので一安心。こちらは来月には色づくはずだ。

DSC_0277.JPG

 先年、枯らしてしまったフサスグリに代わって、わずかに実のついた幼木を植えたのがひと月ほど前。ほんのり色づいてきた。この実の朝日にみる透明感がなんとも言えない。
posted by vino at 09:34| Comment(0) | 庭には・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

アーティチョーク

DSC_0274.JPG

 これ食べられるのよ、と言われながら貰い受け庭に定植したアーティチョーク。径10センチ近い巨大な蕾。小庭で異彩を放っている。
 エディブル・フラワーとしてアーティチョークの茶わん蒸し、生ハム添えにんにく炒め、素揚げ等々、食仕方のレシピを並べられても、どうもねえ。
posted by vino at 10:22| Comment(0) | 庭には・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

ヤマブドウ

DSC_0268.JPG

 先日アップした「ヤマブドウの花」は、蕾の状態。ブドウの実からは想像できない華奢な花の姿だ。近所の巨砲ブドウの栽培農家に聞いたら、一房当たり35粒残して、先を詰めたり元から摘み取ったり摘花をするのだそうな。花が咲いたら全部実をならせたいでしょうが、そこは大事な作業ですよ、と諭された。
posted by vino at 20:11| Comment(0) | 庭には・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

サルナシ

DSC_0266.JPG

 去年求めたときには実がなっていたから、花を見るのは初めて。雌蕊の形が独特で、雌雄の蕊がこれほどはっきりそれと分かるのも小気味がいいほど。実は味がいいと聞いたので一口齧ってみたけれど渋いばかりでとてもとても。その名のとおり、猿のための実なのかもしれない。
posted by vino at 10:36| Comment(0) | 庭には・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

花の下にて死なむ

DSC_0259.JPG

 カルミアの淡いピンクの花が満開。
 萼の根元のところに、粘着液を出す。食虫植物でもあるまいに、何のための所為なのか分からない。蜜を求めて飛来した蜂が一匹、粘液に捕らえられて動かなくなっていた。

posted by vino at 10:39| Comment(0) | 庭には・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

ニッコウキスゲ

DSC_0243.JPG

 良質の石材から、腕のいい石工が削り出したようにすっきりとした硬質な、それでいて柔らかい黄色の花、ニッコウキスゲ。
 一日花の代表と言っていいだろうか。

DSC_0246.JPG

 白い花はいろいろ見るけれど、この花の白さは別格。自然界の奥深さを見る恐ろしいほどの白い花、コデマリ。
posted by vino at 16:33| Comment(0) | 庭には・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

デルフィニウム

DSC_0235.JPG

 青い花が好きで、この時期、園芸店に行くとまず目について毎年のように買い求める。濃い青のミント・ブルー。

DSC_0233.JPG

 今年初めて目にした色違いの、アクア・ブルー。薄青ながら、寄せ植えにすると存在感がある。

DSC_0236.JPG

 朝晩の散歩の途中にある K さんの庭先に咲いているバラの色がなんとも魅惑的で、去年挿し木用に5,6本いただいた。そのうち一本に花が咲いた。まだ10センチそこそこの樹高なのに健気なものだ。正直、バラは重すぎてあまり好きな花ではないのだけれど、その色香には勝てません。


 
posted by vino at 12:01| Comment(0) | 庭には・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

花下陰

DSC_0221.JPG

 花陰や人恋ふとしも朧影
posted by vino at 11:55| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

三寸アヤメ咲く

DSC_0231.JPG

 去年買い求めたときには、鉢いっぱいに50を超える花が見られたけれど、今年は現在、10個ほど。
 それでも、緑の葉叢の中にすっくと咲くアヤメの立ち姿は美しい。
posted by vino at 10:21| Comment(0) | 庭には・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

交差する時間 - たんぽぽ

DSC_0215.JPG

 きいろいおはなも たんぽぽ
 しろいわたげも たんぽぽ
 きょうのすだちは
 かぜまち たんぽぽ
 きょうだいみんな
 まぁるい たんぽぽ
 きょうのすだちは
 そらみる たんぽぽ
posted by vino at 13:59| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

カラスノエンドウ

DSC_0211.JPG

 今の季節は、野の草を雑草と一括りにできないときではないだろうか。足で踏むのがためらわれるように、可憐な花々が咲く。「よく」ではなく「よ〜く」みると、それぞれの生の営みがほの見える。
posted by vino at 09:39| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

柿若葉

DSC_0206.JPG

  柿若葉重なりもして透くみどり  風生

 柿落葉は冬の季語、柿紅葉は秋。そして柿若葉は夏の季語。柿の実を詠む句も数多いけれど、柿の葉の季節ごとの彩りは捨てがたい。
 風に揺れながら初夏の陽射しを散らす柿の若葉が美しい。
posted by vino at 13:46| Comment(0) | 庭には・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

時、来たりなば

DSC_0185.JPG

 鉢植えのヤマブドウに花が咲いた。枝という枝に群がるように花芽がついている。おいしい実を実らせるには、摘花をしなければならない。

DSC_0201.JPG

 毎朝コーヒーを飲みながら、数粒ずつ食べたヤマブドウの実の種を鉢の土に埋め込んで置いたら、二本、芽を出した。根が張る前に、定植をと別の鉢に移した。「早く大きくなれよ」

DSC_0199.JPG

 どんぐりの木の下、半日陰のところに、オキナグサが咲いている。蕾のときにはうつむいて順番を待っていて、開花するときには凛と上を向く。周りを囲むヒメカヤに負けずに、今年も咲いている。
posted by vino at 09:50| Comment(0) | 庭には・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする