2016年10月21日

むらさき

DSC_0642.JPG

 わたしね、色では紫が一番好きなの。赤、青、緑や黄が周りにあって、その中に端然と、沈むでなし浮くでもなし、それでいて際立っている。
 紫といっても、これまた沢山の色合いがあるけれど、全部、何紫でも好き。
 紫って、それから、ふ・ふ・ふ・ふ・・・
posted by vino at 11:45| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

しろき木の実

DSC_0540.JPG

   しろき木の実
 ひとり、糾ふものはなし。
 しろき木の実の人めくあさに
 薄く笑みする影をし偲ぶ、
 呼べど答ふる声もなし。
 しろき木の実の人めくあさに、
 細き吐息の白々と。

 ムラサキシキブの隣にシロシキブがある。何故に好んで白い実なのかいつも不思議に思う。メジロが来て、ムラサキシキブの実はついばんでゆくけれど、シロシキブの実には見向きもしない。実の色に似て味が淡白に過ぎるのだろうか。
posted by vino at 09:28| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

むらさきの木の実

DSC_0538.JPG

   むらさきの木の実
 枝たおやかに畳なはる
 むらさきの木の実、むらさきの
 いま、わがまなかいにあり。
 彼のひとは居ませず
 その影もなく、
 わが想いのうちに
 薄れゆく。

 ムラサキシキブの実の色が、一段と濃くなってきた。この実の紫を見るたびに、思い出す人ひとがいる。遠く過ぎ去った事どもが思い出されて、シキブの傍らに、しばし、佇む。
posted by vino at 09:59| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

サンザシ3

DSC_0499.JPG

    あかき木の実 
  暗きこころのあさあけに、
  あかき木の実ぞほの見ゆる。
  しかはあれども、昼はまた
  君といふ日にわすれしか
  暗きこころのゆふぐれに、
  あかき木の実ぞほの見ゆる。
 ( 北原白秋「邪宗門」)

 その人は言った。
「声に出して歌ふべききはのものにあらず、ただ韻(ひびき)を韻とし、匂を匂とせよ」(「落葉松」)
 彼のひとは言った。
「赤い木の実は貴方様の慰めになりましょうか。〈 君といふ日にわすれしか 〉と歌い上げる御心に」
posted by vino at 10:14| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

サンザシ2

DSC_0495.JPG

 昼夜の温度差が大きくなってきた。夜明け前の気温は15度を下回るようになり、日によっては窓ガラスに結露さえ見られることも。
 定点観測のサンザシの実が一段と赤くなり、陽の当たらない実の下側まで色付いてきている。
posted by vino at 20:53| Comment(0) | 庭には・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする