2016年11月20日

「二冊の本」後日

 例によって、乱読、併読のこと。

『前 途』(庄野潤三、講談社)

 本棚の並べ替えをしているときに、床に積んで仮置きしていた本が崩れて一冊の本が飛び出てきた。庄野潤三の『前途』だった。昨年の6月に、「二冊の本」というタイトルで、野呂邦暢の『夕暮れの緑の光』を紹介したときにも触れたけれど、昭和17年から18年にかけての著者の九大での生活を中心につづられた作品で、詩人伊東静雄との師弟関係や学友、校友との青春の交流を描いたもの。
 時局はますますひっ迫しており、アッツ島での日本軍の玉砕などにも言及するが、著者独特の淡々とした筆致は踊るところがない。
 ところどころ拾い読みをして片づけるつもりだったけれど、庄野氏の筆力に引きずり込まれて、一気に通読してしまった。
 『夕暮れの〜』中にも引かれている、
 前途程遠し思ひを鴈山のゆふべの雲に馳せ、
 後会期遥かなり纓を鴻臚のあかつきの涙にうるほす (『和漢朗詠集』)
には、様々な思いが溢れる。この詩句にある、『前途』も『夕べの雲』も庄野さんの作品名にあり、当方にとっては青春の譜であった。

・・・今度は海軍航空予備学生が任官後、六ヵ月の命である。その期間中に殆どの者が戦死する。七〇%が死ぬということを小高が昨日、聞いてきたと話す。・・・
・・・帰る時、小高が、「もうお目にかかれないと思いますが、お世話になりっぱなしで」と云ってお辞儀をしたが、日野先生もちょっと辛そうだった。・・・

 折しも、南スーダンへ赴いた若き自衛隊諸氏の安寧を祈らずにはいられない。
posted by vino at 15:35| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

拡大鏡

 日常使いの小さなスタンド付きの鏡を床に落とした拍子にひびが入ってしまった。割れた鏡を使い続けるのは嫌なもので、文字通り、自分が傷物に見えて気になって仕方がない。
 ホームセンターで探したけれど、今までのものと同じくらいの手頃な大きさのものが見当たらず、一回り大きなものを買うことになった。しかも、両面使いで、裏面が「拡大鏡」になっている。
 家に帰って自分の顔を映して見て驚いた。拡大とはいえ、たかだか1.3倍ほどなのだけれど、軽い凹面鏡になっているので眉間の鼻筋が凹んで見えるため、吾ながらまるで別人のよう。これでは何のための拡大なのか、自分の貧相振りが強調されたようで鼻白む思いだ。
 最近は、スマホやガラケイもそうだけれど、その他の道具類にしてもむやみに多機能をうたう商品が多すぎはしないだろうか。中には、余計なお世話だと言いたくなるものもあって、使いながら文句が出る。そう言えばWindows10もその類で、いまだに折り合いがつかずにイライラしながら「お世話」にならなければならない。
 これも、世に言う、カレイ現象なのだろうか。
posted by vino at 16:39| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

ニシキギ

DSC_0781.JPG
 
 仙丈庵の西側、ウッドデッキの下に、柿の木と寄り添い合うようにニシキギがある。柿の葉が落ちつくすのを待っていたのか紅葉が進んで、いま真っ赤に燃えている。
(手前の無粋な横棒は、ヤマブドウの棚の整備途中のもの・・・)
posted by vino at 12:03| Comment(0) | 庭には・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

交差する時間 - 花まるを君にあげよう

 誰がはじめて
 花まるを描いたのか
 
 絵ごころはないけれど
 ちょっと いたずら好きな先生が
 子どもの作文に丸をつけたとき
 もっと もっと もっと 丸をあげようと思った
 それがかさなって花びらのように・・・
 
 あら、これって いいなあ

 先生は自分にも丸をつけた
 ひとつ、ふたつ、みっつ・・・
 子どもたちみんなの作文の
 ひとつの丸のうえに
 また さいしょから丸をかさねていった

 まえよりも先生には子どもたちみんなの
 良いところがどんどん見えてきた
 先生じしんも 自分の良いところが
 見えてきた
 
 「花まるを 君にあげよう」
 誰の声だろうか
 先生の耳に聞こえた

 「花まるを 君にあげよう」

 花まるはあげる人ももらう人も
 何故だか幸せにしてくれる

 「花まるを 君にあげよう」
(みんな一緒に)
 「花まるを 君にあげよう」

 ※2017.2.15
  最後の5行は、市内の小学校で読んだ時に加筆しました。
 
posted by vino at 10:05| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

初 氷

 一昨日の初霜に続いて、今朝、初氷をみた。朝陽にさえ溶けてしまう薄い氷だった。
 ものの本には、そのような薄い氷を蝉の翅に喩えて、蝉氷(せみごおり)という、とある。なるほど、水面一面に張るというよりは、枯れた水草の茎を翅脈のようにとって、やっと出来た氷という感じだ。メダカの水鉢の冬支度を急がねばならない季節になった。
 昨年は、29日に初氷?と日記にあるから今年はずいぶん早いことだと思うけれど、?マークがついているので、初氷に気付いた日、と読み替える必要があるかもしれない。
 薪ストーブにも、今季初めて薪をくべた。

 遅れきし友の訃報や蝉氷

 淋しいことだけれど、友人知人の訃に接することが多くなった。

 年寒くして松柏の凋(しぼ)むに後(おく)るるを知る  『論語』
posted by vino at 17:18| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

それっ、押し込め〜〜

DSC_0734.JPG

 第96回全国高校ラグビーフットボール大会県予選の決勝戦を見に、水戸市のケーズデンキスタジアム水戸へ。
 前評判通り、茗渓学園と清真学園の対戦になった。最近は、部員数が少なく単独でチームを組めずに、近隣の高校が何校か集まって合同チームで出場する。今年の出場チームは、決勝に進んだ両校をはじめ19チームでその内合同チームが県立高12校で組む4チーム。単独チームの内、9校が県立高だったのは心強い。
 さて決勝戦のこと。スクラムではむしろ押し勝っていた清真が、ライン・アウトのマイボールや、密集での球出しの強さ、BK陣の走力、展開力に勝る茗渓に押し切られて55:19で敗れた。偶然、清真の応援席近くで観戦したので、判官びいきというか、必死さに打たれてというか、思わず声が出る。茗渓のゴールライン近くのモールでは、応援団と一緒に、「行け〜〜、押し込め〜〜!!」と叫んでいた。かみさんは、立ち上がって叫んでいた。
 観客の数は、両校の応援団を含めて500人足らず。こんなに面白い、熱い球技が他にあろうか、と思いつつスタジアムを後にした。心地よい満足感と感動を胸に・・・。

DSC_0761.JPG

DSC_0757.JPG

DSC_0754.JPG

DSC_0756.JPG

 帰路、県立歴史館の銀杏並木の黄葉を見に立ち寄る。あと1週間ほどが見頃だろうか。
 ファサードの、重厚な扉のステンド・グラスは、何時見ても心に響く。秋の陽に透けて、琥珀色が鮮やかに浮かぶ。
posted by vino at 12:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

リンゴ狩り

DSC_0682.JPG

 大子町の、知り合いのリンゴ園へリンゴ狩りに。
「今年の天気は読めない。出来は平年並みだけれど、『富士』はあと一週間ほどかな。」
 試食に供されたリンゴをあれこれ食べ比べた。いずれも甘く瑞々しく甲乙つけがたいけれど、「人様に贈るなら『富士』だね。」と、園主に言われて、送り状だけを置いて出荷はお任せ。
 園内をきょろきょろ歩いていると、面白いものが目についた。その名の通り「黄色灯」といって、山蛾やカメムシなどの害虫除けに点灯するのだそうだ。
 たわわに実る赤いリンゴの実を見下ろすように、青空に映えて一際目立っていた。
posted by vino at 15:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする