2016年10月12日

サンザシ3

DSC_0499.JPG

    あかき木の実 
  暗きこころのあさあけに、
  あかき木の実ぞほの見ゆる。
  しかはあれども、昼はまた
  君といふ日にわすれしか
  暗きこころのゆふぐれに、
  あかき木の実ぞほの見ゆる。
 ( 北原白秋「邪宗門」)

 その人は言った。
「声に出して歌ふべききはのものにあらず、ただ韻(ひびき)を韻とし、匂を匂とせよ」(「落葉松」)
 彼のひとは言った。
「赤い木の実は貴方様の慰めになりましょうか。〈 君といふ日にわすれしか 〉と歌い上げる御心に」
posted by vino at 10:14| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。