2017年03月06日

ミモザ枯れる

 花の季節になった。去年植えた小庭のミモザアカシアも、当方の背丈を超えるまでに成長し枝いっぱいに蕾を付けている。程なく黄色の可愛らしい花が咲くだろう・・・
 と楽しみにしていたミモザが、突然枯れてしまった。たくさんの蕾が開かないまま、立ち枯れた。
 これで二年続けて、枯れたことになる。がっかりしつつも、あの愛らしい花が見たさに、また園芸店に走って背丈ほどの幼木を一本買ってきて植えた・・・待て待て、これには何か原因があるに違いないと穴掘り作業を中断して説明書をよくよく見ると、「日当たりと排水のよい、強風の当らない場所が適します。」とある。これで思い当たった。ミモザを植えていた場所は、母屋と、離れてはいるけれど隣家の間を北風が通り抜けるところ!!今年の冬は格別寒かったし、北風が強く吹く日が何日もあったではないか!!そうだったのか、同じところに植えたらまた同じ結果になるわけだ。
 かくて、もう少し温かくなってから別の場所を選んで定植をすることにして、掘り始めた穴は埋め戻すことにした。
 細い幼木ながら花いっぱいのミモザを、鉢植えのまま、毎日部屋と軒下と風当たりをみながら出し入れしている。
posted by vino at 10:29| Comment(0) | 庭には・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。