2017年08月02日

今年もヤマブドウ

DSC_1281.JPG

 鉢植えとは別に、先年、菜園の隅に植えたヤマブドウがぐんぐん蔓を伸ばし、間に合わせに作ったぶどう棚一杯に広がってたくさんの房を付けている。広さにしてわずかに畳2枚程度、つまり一坪ほどのもの。房の数6,70房はあろうか。
 今年は、近所のブドウ栽培農家さんに教えてもらった通り、房の長さを1/3ほど詰めて短くし、随時、小さな粒を摘果して粒をそろえた。お蔭で一粒ひとつぶの大きさが去年の鉢植えのものに較べると1,5倍、ものによっては2倍の大きさになっている。ただし、ブドウにはブドウ虫はじめ数種類の害虫が付くから大変だよ、とも言われていた通り、一本の枝にはブドウ虫が入って膨れ上がり、カメムシに似た虫がやたらめったら実をかじったりと、無農薬を実践するのはまことに気がもめることだ。
 でもいいもん、虫がつくのは美味しい証拠だから、などと負け惜しみを言いながら色づく秋を待っている。
posted by vino at 12:52| Comment(0) | 庭には・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。